Cthulhu Azathoth RDA レビュー

azathoth rda レビュー

CthulhuといえばRTAばかり触ってきましたが、今回はAzathothというRDAのレビューです。

Azathoth RDA…なんて読むのかな?アザトース?

調べてみたら、クトゥルフ神話に登場する神様で、やはりアザトースでいいみたいです。

それでは見ていきましょう。

【ご提供】Efun.top

Azathoth RDAのパッケージと内容物

パッケージ

Azathoth RDA パッケージ

パッケージ素材がとても変わっていますね。

可愛らしい感じのする箱型パッケージです。

azathoth rda パッケージ開封

ひっくり返して紐を引っ張ると開きます。

内容物

azathoth rda 内容物

内容物は

  • Azathoth RDA本体
  • スペアパーツ
  • BFピン
  • 510アダプター

となっています。

Azathoth RDA 付属品

内容物としてはシンプルですが、BFピンが付いています。

最近はどのRDAにもBFピン付くようになりましたよね。

BFを使う機会が多い私としては嬉しいです。

Azathoth RDAのスペック

  • 径:24㎜
  • 高さ:26.5㎜(接続部、ドリップチップ除く)
  • 素材:304 food grade steel(本体)、ウルテム(ドリップチップ)
  • ボトムフロー+サイドフロー

Azathoth RDAの最大の特徴といえるのがエアフロー構造です。

基本的にボトムフローなのですが、キャップが2ピースになっていてサイドフローも使えるようになっています(後述)

サイズ感としては、コンパクトではないものの、最近デカいアトマイザーを見続けているせいか大きさはそこまで感じません。

径は大き目ながら、背はそれほど高くないですしね。

分解してみた

Azathoth RDA 分解

構造としてはシンプルです。

写真ご覧になって分かる通り、結構なレベルで汚れています。

テンション下がりましたが、洗えば綺麗になりました。

Azathoth RDA の各部詳細

接続部

Azathoth RDA ボトム Azathoth RDA 接続部

そんなに出てないですね。

ボトムはやたらと梱包材のクズがくっつきまくってますが、こちらも当然洗浄すれば綺麗になります。

他のアトマイザーでもそうですが、開封後洗ってから使用するようにしてくださいね!

キャップ裏

Azathoth RDA キャップ裏

キャップ裏はドーム型になっています。

加工は綺麗です。

エアフロー構造

Azathoth RDA キャップ

キャップはこのようになっています。

右側が下段になりますが、ボトムフロー用のホールは3つ。

一応シングルコイルに対応しています。

が、リデューサーもついていませんし、シングルで組むのに向いているアトマイザーという感じはないですかね…

サイドフロー用のエアホールはデュアルビルド用エアホールの直上に1つずつ。計2つ開いています。

Azathoth RDA エアフロー構造

こいつを上段のキャップで開閉させます。

スレッド切ってありますので、回すだけで簡単に開閉できます。

全閉にすることで、ボトムフローだけでの運用ができます。

サイドだけでも使おうと思えば使ますが、ボトムフロー用ホールの直上なので、コイル位置が微妙な感じになります。

基本はボトムフローで、リキッドや好み、ビルドに応じてサイドも利用するくらいでしょうか。

ドリップチップ

Azathoth RDA ドリップチップ

ドリップチップはウルテム製で、内径実測13.52㎜。

かなりワイドですね。

ハーフインチなので、お持ちの方は好みのものが使えます。

また、510アダプターが付属品にありますので、510ドリップチップも使用可能です。

デッキ構造

Azathoth RDA デッキ構造

変わった形のデッキです。

コイルレッグの固定はホールになっておらず、太いワイヤーでも固定が容易です。

というより、太いワイヤーでのビルドが前提なのでしょう。

固定位置は溝になっていて、細めのワイヤーでは綺麗にネジで挟まないときちんと固定されていなかったりするので注意が必要です。

Azathoth RDA ウェル

ウェルはかなり深く、実測7.86㎜もありました。

BFでの運用も、ウェルにリキッドが落ちるので運用性は良さそうです。

ビルド!

Azathoth RDA ビルド

カンタル24G、3㎜コア、マイクロデュアルです。

抵抗値は0.38Ωになりました。

コイル位置、これくらいでも下段キャップに触れるぎりぎりの位置です。

上部キャップ分、下段キャップのサイドフロー部分が内側に狭くなりますので、その分を考慮してコイル位置を決める必要があります。

Azathoth RDA ウィッキング

コットンを通して、完成です。

Azathoth RDA 完成

見た目的にはかなりシンプルですよね。

Azathoth RDAを実際に使ってみての感想

それでは使ってみましょう!

スーーーーー

REN
ぷはぁ~…美味しい。吸い心地も悪くないです。

味は悪くないです。

吸い心地も良いと思います。

ボトムフローではありますが、変に濃すぎないので吸いやすいです。

ドローはボトムフローのみ全開でスカスカより少し抵抗感がある程度。

サイドフローをほんの少しだけ開放してみたところ、スカスカになりますので、これは少し気になりました。

ボトムフローに関しては、絞れば露骨に重くなるのですが、サイドフローの調整はあまりきかないと思ってもらって問題ないと思います。

ただ、サイドを開放したほうが味的にはスッキリして好きでした。

かなり低抵抗に爆煙寄りに組み(といっても危険の無いように)、サイドも使ってミスト量を楽しむような使い方が合ってると思います。

味の出方的にはいいアトマイザーだと思うのですが、サイドフローの調整が優秀だともっと嬉しかったです。

面白いアトマイザーですので、工夫して使っていきたいと思います。

サイドだけ解放しても、それはそれで美味しい感じでしたのでコイル位置等調整しながら使うのも楽しいと思いますよ!

というわけで、気になる人は

Efun.top-Azathoth RDA

で購入可能です!

それでは今日はこの辺で!

 

↓ランキング参加中!他のVAPEブログも読めますので、ポチっとお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

↑電子タバコのリキッド辞典のようなサイト!ユーザーの口コミも読めますよ~!
HeavenGifts 10% off Coupon Code ↑個人的に良く使う海外通販サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)