Eleaf iStick Trim(アイスティック トリム) スターターキット レビュー

iStick Trim スターターキット レビュー

本日はEleafのスターターキットのレビューです。

めっちゃコンパクトで軽く、使い勝手もよさそうなキットなのでかなり期待できるかと思います。

それでは早速見ていきましょう。

【ご提供】ベプログSHOP

iStick Trim のパッケージと内容物

パッケージ

iStick Trim パッケージ iStick Trim パッケージ側面 iStick Trim パッケージ裏面

iStick Trimはペンタイプのような一体型のスターターと違って、アトマとMODが別々のものになっています。

その割には、パッケージはコンパクトな感じ。

内容物

iStick Trim パッケージ開封

開けてみて驚いたのが、見た目ですかね。

コンパクトさもそうなんですが、全体的に艶々していてチープさは感じません。

iStick Trim 内容物

内容物は

  • iStick Trim 本体
  • GSターボアトマイザー(0.75Ωコイル装着済み)
  • 交換用コイル(1.5Ω)
  • USBケーブル
  • マニュアル
  • スペアパーツ
  • 謎のゴム板

となっています。

見慣れないものとしては、写真の一番左側のゴムみたいな板です。

おそらくはアトマイザー分解時などに滑り止めとして使ってねみたいな感じでしょうか。

更に驚きは

iStick Trim マニュアル

マニュアルに日本語がある…!!

やっと日本語が説明書にのるようになってきましたねぇ…

iStick Trimのスペック

iStick Trim(MOD)

  • サイズ:35×15×73㎜(実測)
  • 出力モード:三段階切替式(5~22W)※後述
  • バッテリー容量:1800mAh
  • 対応抵抗値:0.6Ω~3.0Ω

驚くべきはバッテリー容量ですよね。

本体からみて、これだけ容量があるとは思いませんでした。

これなら使い方にもよりますが、一日は持ちそうです。

また、出力は細かな設定はできず、小・中・大のような切替式になっています。

GSTurboアトマイザー

  • 径:15㎜※実測
  • 高さ:39㎜(ドリップチップと接続部除く)※実測
  • タンク容量:1.8ml
  • コイル:0.75Ω(アトマイザーに装着済み)、1.5Ω(付属品)

タンク容量1.8mlだと、0.7Ωコイルを使って頻繁に吸えばお昼まで持つかどうかといったところでしょうか。

1.5Ωコイル使用であれば、吸う頻度の少ない人だと1日もつかも…?

この小ささなので仕方ありませんが、やはりリキッド容量が少ないのは心許ないですね。

iStick Trimの各部詳細と使い方・操作方法

準備

さて、準備していきましょう。

iStick Trim 本体

これがiStick Trimの本体ですね。

iStick Trim 接続部

これは上から見たところ。アトマイザーの接続部です。

LMHとアルファベットが見えますが、ここがTrimの表示画面です。

これについては操作方法のところで書きますね。

iStick Trim 充電

充電はこちらから。

付属のUSBケーブルを使って充電してください。

iStick Trim ボタン

本体側面にはボタンがひとつ。

iStick Trimの操作はこのボタンだけを使うようになっています。

iStick Trim MOD底部

底部まで作りは丁寧で綺麗です。

MODはこんな感じですね。充電しておきましょう。

iStick Trim GSTurbo本体

こちらがアトマイザーのGSTurboですね。

分解はボトム部分を回すだけ。

iStick Trim GSTurbo分解

左のマウスピースは付属品の中に入っています。

左から、マウスピース・タンク・コイル・ベース・エアフローコントロールリングとなっています。

タンク部分はガラスと金属に分解できない点がちょっと気になりますね。

iStick Trim コイル1

こちらが初期搭載のコイル。0.75Ωのものですね。

iStick Trim 付属コイル

これが付属品の1.5Ωコイル。

どう違うか端的に言うと、0.75Ωのコイルの方が煙(ミスト)がたくさん出ますが、その分リキッドの消費が激しいです。

1.5Ωのコイルはミストは控えめで、タバコのような吸い方をするのに適しています。

iStick Trim ベース

こちらがアトマイザーベースのパーツ。

正面に見えている開口部(エアホール)から空気が入ってきます。

その入る空気量をコントロールするのが、右に見えている黒いパーツ。

これがゴム製なので、耐久性的には心配ですよね…一応スペアも入っていましたが…

エアホールはこの反対側にもあって、そちらは点がいくつも並んだような形状になっています。

お好みの形状の方をエアフローコントロールリングを用いて調整しながら使ってみてください。

では、組立てていきましょう。

iStick Trim ベースとコイル

まずはベースにコイルを取り付けます。

ねじ回しの要領で、簡単に取り付けられます。

iStick Trim リキチャ

リキッドチャージはタンク部分の下から。

真ん中の穴は吸い口につながっているので、ここには入れないように注意してください。

矢印で示した側面の方に入れていきます。

タンクをやや斜めに持って、リキッドを添わせるように入れていくとスムーズで簡単です。

iStick Trim リキチャ後

こんな感じでリキッドが入りました。

ここに先程組み上げたコイルとベースを取り付けます。

iStick Trim ベース取付

ベースを取り付けてひっくり返すと、こんな感じ。

ここに付属品のマウスピースをはめて

iStick Trim アトマイザー完成

完成です!

ちなみにマウスピースは実測で内径4.06㎜、外径9.65㎜でした。

後はこれをMODにとりつけて

iStick Trim 準備完了

これで準備完了です。

コイルにリキッドが染み込むまで、20分程度は吸わずに放置してください。

リキッドが染み込む前に使ってしまうと、コイル内部のコットンが焦げて使い物にならなくなります。

それにしても、やたら軽いんですよ。

公表では96.7gということでしたが、リキッド入れてから計測したところ、95gでした。

操作方法

電源のON/OFFはボタンを5回クリック。

吸う時はボタン押しながら吸い口から吸い込みます。

出力切替は電源ボタンを3回クリックでL→M→Hと切り替わっていきます。

出力の違いですが

※出典:Eleaf

このようになっております。

※出典:Eleaf

また、ディスプレイの表示がやや暗く、写真で撮りづらかったため分かりやすい画像をEleafさんのHPより借りてきました。

暗いといっても、使用上特に問題になるほど暗いわけではなく視認性は確保してあると思います。

iStick Trimを使ってみての感想

さて、長文にお付き合いくださいましてありがとうございました。

感想を書いて終わりたいと思います。

まず、何といってもサイズ感が素晴らしいですね。

コンパクトなのにバッテリーも十分持つ。

肝心の味ですが、これも中々いいです。

めちゃくちゃ美味いってわけではありませんが、使っていて満足できるくらいには味がでます。

初心者の方はもちろん、いまガッツリVAPEにハマっている人でもサブとして活躍しそうです。

不満点はリキッドチャージがボトムからという点ですね。

トップから入れるのに慣れていると、これはやや不便に感じます。

タンク容量が少ないので尚更ですかね。

また、構造的に放置時間が長いとエアホールからのリキッド漏れはありそうですよね。

筆者はまだ漏れたことはありませんが、使わない時はアトマイザーを外して逆さまにしておくなどの工夫はいるかもしれません。

ドローの重さは全開でも割と抵抗感があります。

初期で装着してある0.75Ωのコイルだったら全開付近でつかっても良さそうです。

これだけコンパクトでバッテリー持ちもよく、味も十分出ているので、全体的な感想としても大変良い出来のスターターキットだと思います。

というわけで、気になる人は

ベプログSHOP―iStick Trim

こちらで購入可能です!

それでは今日はこの辺で!

 

↓ランキング参加中!他のVAPEブログも読めますので、ポチっとお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

↑電子タバコのリキッド辞典のようなサイト!ユーザーの口コミも読めますよ~!
HeavenGifts 10% off Coupon Code ↑個人的に良く使う海外通販サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)