【ピコ】iStick Pico 25 with ELLO レビュー【スターター】

スターターといえばiStick Pico!

手軽にVAPEを始めるならペンタイプのスターターもいいけど、拡張性を求めるならスターターはPicoで決まりと言っても過言ではないくらい売れているスターターです。

ただ、iStick Picoには今流行している大型径のアトマが乗らなかった!

そういうわけで、登場したのが今日レビューするiStick Pico 25です。

Picoで大型アトマイザーが使えるのは嬉しいという人も多いのでは?

早速見ていきましょう。

【ご提供】ベプログSHOP

iStick Pico 25 with ELLOのパッケージと内容物

パッケージ

大き目の箱型パッケージ。

サイドにスクラッチチェックがあります。

裏側は内容物などの記載。

内容物

内容物は

  • iStick Pico 25本体
  • ELLOアトマイザー
  • スペアパーツ
  • 交換用コイル
  • USBケーブル
  • マニュアル

となっています。

英語のマニュアル。

詳細に書いてありますので、MODの方をいじりたい人には嬉しいと思います。

日本語があるともっと嬉しいのですけどね…

スペック

iStick Pico 25 (MOD)

  • 25×48×70.5
  • 使用バッテリー:18650(別売り)
  • W範囲:1-85W(0.1W刻み)
  • モード:VW、Bypass、TC(Ni,Ti,SS,TCR-M1,M2,M3)
  • 対応抵抗値:0.1Ω-3.5Ω(VW時)、0.05Ω-1.5Ω(TC時)

モード各種、ほぼPicoと変わりませんね。

18650バッテリーは本来別売りですが、ご提供元のベプログSHOPさんではバッテリーとセットで販売しています。

ELLO (アトマイザー)

  • 径:25㎜
  • 高さ:46㎜(2mlタンク)、54㎜(4mlタンク)
  • タンク容量:2ml・4mlタンク
  • コイル:HW1 Single-Cylinder0.2Ω(SS316L)、HW2 Dual-Cylinder0.3Ω(カンタル)

ELLOアトマイザーの方ですが、予備タンクは標準のものと高さが違います。

予備パーツのなかの延長チューブと予備タンクを使うことで、タンク容量を2mlから4mlに倍増できます。

その分高さがかなり出てしまうので、Pico 25との組み合わせがちょっと頭でっかちになってしまいますね。

コイルの抵抗値はかなり低めで爆煙系クリアロであることがわかります。

各部詳細

iStick Pico 25 (MOD)

MODのPico 25の方の詳細は、Picoとの比較も兼ねて載せていきます。

まずはディスプレイ側。パフボタン、スクリーンともに楕円形から四角形に変更されています。

ディスプレイはかなり大きめで光度も十分あり、視認性はいいです。

Picoから表示項目が増えていますね。V表示の下にAも表示されるようになりました。

これは操作で変更も出来て、VWモードでパフボタンとプラスボタンを同時長押しで点滅、点滅中にサブボタンをおすとパフカウンターなどになります。

プラスマイナスボタンの位置とベントホールの位置も変わりません。

厚みが増しているだけという感じですね。

接続部ですね。こうやってみると、Picoのコンパクトさが際立ちます。

Pico 25も同じシングルバッテリーのMODと比べるとかなりコンパクトではありますが、Picoと比べると大きく感じてしまいますね。

実際に25㎜径のアトマイザーを付けてみました。

上がAmmit Dual、下がPharaoh RDAです。

Pharaohの方は上から下まで25㎜なので、普通に装着できていますがAmmit Dualはボトム25㎜でタンク部27㎜と上に行くにつれて大きくなるのでギリギリ装着可能といった具合です。

ELLO (アトマイザー)

25㎜径の爆煙アトマイザーELLO。

分解するとこんな感じ。

ドリップチップは専用設計で内径実測9.25㎜。

咥えにくくはなく、感触も悪くないです。

接続部です。調整はできません。

コイルは0.2ΩのHW1です。ワッテージ範囲は40-80W。

パラレルのシングルコイルですね。

こちらは0.3ΩのHW2、30-70Wです。

パラレルデュアルのようですね。

使い方

ELLOの準備

さて、ELLOを組み立てていきましょう。

こんな感じで各部取り付けていきます。

リキッドチャージは

手前側に三角のマークが見えますよね。これをスライドさせます。

こんな感じでチャージ用のホールが出てきます。

ここからリキッドを入れましょう。

ドリップチップを装着したままスライドオープンできるので便利です。

iStick Pico 25の準備

バッテリー

バッテリーキャップを取り外し、バッテリーを挿入します。

操作方法

操作方法もPicoと変わりません。

電源ON/OFF…パフボタン5回クリック

モード変更…パフボタン3回クリック→プラスマイナスボタンで変更(wattage→Bypass→TC)→パフボタンで決定

抵抗値ロック…パフボタンとプラスボタンを同時長押し

このほか、ファームフェアのアップデートなどもありますのでMODをいじりたい人には不足ない性能かと思います。

iStick Pico 25 with ELLOを使ってみての感想

Picoより確かに大きくなっているのですが、持ってみるとやっぱりかなりコンパクトです。

Picoは本体の厚さが私のように手の大きくない人にとってはすごく馴染みやすい厚みでした。

その分、Pico 25では数字上よりも厚みが増しているように感じてしまします。

アトマイザーのELLOについては、味もよくミストも大量に出ますね。

数日使ってみて、特に漏れてくるようなことはありませんでしたが、供給がいいので長時間吸わない時はPico 25から取り外して逆さまに置いておくなどすると過剰供給が軽減されると思います。

ドローはスカスカではありますが、エアホールの調整はよく働いてくれるので、お好みの重さに変更可能です。

MODの方の使い心地も操作性もいいですし、スターターキットとしてはかなり完成度が高いです。

あとはご自分が使いたいアトマイザーとの相談でしょうか。

もし22㎜径など使われるなら、個人的にはノーマルPicoの方が好きですね。

しかしながら、好きなメーカーの新作アトマイザーが24㎜だった!とかはよくあることなのでPico 25を買っておけばそういう時でも使えて便利です。

大型アトマイザーは使わないって人からすると魅力の少ないスターターかもしれませんが、現在流行しているアトマイザーのスペックを見ると、十分有用なものだと思います。

というわけで、気になる人は

ベプログSHOP-iStick Pico 25 with ELLO

こちらで購入可能です!

それでは今日はこの辺で!

 

↓ランキング参加中!他のVAPEブログも読めますので、ポチっとお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

↑電子タバコのリキッド辞典のようなサイト!ユーザーの口コミも読めますよ~!
HeavenGifts 10% off Coupon Code ↑個人的に良く使う海外通販サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)